• PRESS RELEASE

本ローンチから1周年。家具家電のサブスクsubsclife、経営ビジョンを発表

株式会社subsclife(渋谷区、代表:町野健、以下subsclife)は、2019年8月末に中古・リノベーションマンションの売買サービス「カウカモ」を提供する株式会社ツクルバ(本社:東京都目黒区 代表取締役:村上浩輝・中村真広、以下ツクルバ )からの出資を受け、業務提携に向けた覚書を締結したことをお知らせいたします。ツクルバは2019年7月に上場し、上場後初の出資をsubsclifeが受けることとなりました。

株式会社subsclife(渋谷区、代表:町野健、以下subsclife)は、2018年9月の本ローンチから1周年を迎えました。今後も家具家電をはじめとする暮らしのサブスクサービスを通じて、当社のビジョン達成のため突き進んで参ります。

VISION(ビジョン)

家の中を、世界一、豊かな国へ。

MISSION(ミッション)

家具はもっと、人を幸せにできる。
家具は生活に必要なもの。
けれど、ただ生活するための家具ではなく、
憧れていた家具や自分の感性に合った家具に囲まれて暮らすと、
人生はもっと豊かになる。
だから私たちは、私たちが心からいいと思った家具だけを提供し、
使い捨てのように家具を消費する時代とサヨナラしよう。
そのためのサブスクだ。

私たちは、家を飛び越え、オフィスも変える。
ダサくて暗い雰囲気が漂うオフィスを、
明るく、働く人を刺激する空間へ変えていこう。
家とオフィスの家具を心地いいものに変えること。
それは、人生のほとんどの時間を心地いいものに変えることでもある。
そんな思いで、日本のあらゆる空間に私たちのサービスを届けていこう。

暮らしに必要なものは、なんでもあると思っている日本。
でも実は、家の中を豊かにする家具はまだ行き届いていなかった。
私たちは、やる。家具の常識を変える。
メーカー・販売店のみなさまと真摯に向き合い、
恐れることなく、従来のビジネスモデルをぶっ壊そう。
壁にぶつかっても逃げることなく挑み続け、
壁という壁を突破しよう。私たちが、この国を、家の中から世界一豊かな国へ変えていく。

PHIROSOPHY(行動指針)

STAY FEARLESS

家具家電のサブスクという新しいモノとの付き合い方の普及は、全く新しい領域で時には達成が極めて困難な壁が立ちはだかることも多々発生するでしょう。ですが、「家の中を、世界一、豊かな国へ。」を目指すため、当社は既成概念に固執せず、時には大胆に勇気を持って、新しい価値創出に向けてチャレンジし続けてまいります。

代表コメント

株式会社subsclife 代表取締役 町野健

手頃な値段の家具・家電が増えましたが、今の家の中に100%満足している人はどれくらいいるでしょうか。
ストーリーがあり、いいモノをつくっているメーカー、ブランドの商品がある生活は、家の中を豊かにし、毎日に彩りを与えてくれます。サブスクを利用することで、いいモノを手の届く値段で使い始められます。家具・家電、家の中のあらゆるものをサブスク化していくには数々の困難が待ち受けていますが、私たちは新しい価値観の創出に恐れることなく、一つ一つ丁寧に、課題を解決してまいります。

subsclife(サブスクライフ)について

subsclifeは、subscription(定期購買)+life(暮らし)の造語で、月額制で必要な時に、必要な分だけ、暮らしに必要なモノを利用できるサービスです。初期費用を大幅に軽減し、新品でデザイン性の高い家具・家電を利用できて、気に入ったら買い取ることも可能です。レンタルは使い続けると定価を超えますが、私たちsubsclifeは、使い続けても商品定価を超えない月額料金設定です。さらに、利用時の傷等の保証付きで安心してご利用いただけます。価値あるモノとそれを支える方々を大切にし、サブスクで提供することで、より消費者に提供しやすい仕組みを実現してまいります。

サブスクリプションサービスの価値は、今日よりも明日のお客様との良好な関係です。

今後もsubsclifeは、お客様、お取引先様とのより良い関係を構築する努力を惜しまず、サブスクという新しい買い方で、暮らしに革命を起こすべく、関連企業様と協力して新しいチャレンジをしてまいります。

いいモノつくっているメーカー様、事業アライアンスパートナー様、subsclifeのメンバーの一員として参画したい方も探しております。一緒に「家の中を、世界一、豊かな国へ。」を実現しませんか。

まずは、お気軽に
お問い合わせください