BALMUDA The Gohan K03A

BALMUDA The Gohanは蒸気のちからで炊き上げる3合炊きの電気炊飯器。BALMUDA The Gohanはおかずと一緒になったときのおいしさを一番に考えました。ごはんが口のなかでおかずのうまみと絡み、ほぐれながら混じり合うことで、食事としてのレベルがグンと上がったように感じられます。濃いめの肉料理にも、丁寧な和食にも。どんなおかずとも相性は抜群。テーブルをもっと楽しい場所に変える、食事をうれしくするごはんです。透明感あるおいしさと抜けるような香り。最高の食事のための素晴らしいごはんをお届けします。


■蒸気で炊き上げるテクノロジー

BALMUDA The Gohanで炊いたご飯は外は張りがあり中までふっくら。粒立ち、香り、ほぐれ。そしてお米本来の味わい。これらを引き出すためには、エネルギーの使い方、そして炊飯器の構造そのものから考え直す必要がありました。
ガスの火力に比べて電気炊飯器は約1/3のエネルギーしか使うことができません。バルミューダはおいしいごはんの秘密は釜の素材ではなく、エネルギーの使い方そのものにあると考えました。

・新しい構造、二重の釜
分厚い釜は、それを温めるためのエネルギーが必要になってしまいます。少ないエネルギーを炊飯のためだけに使いたい。たどり着いたのは、釜を二重にして、その間を中空にするという方法。ここに水をいれて熱することで、炊飯中だけ、見えない蒸気の釜が出現します。

・蒸気のちから
蒸気の断熱性は分厚い金属釜と比較しても数倍から数十倍。内釜全体を包み込んで、ゆっくりとした無理のない加熱が行われます。電気のエネルギーを使って「お米」を「ごはん」に変えるための、まったく新しい方法が完成しました。

・優しく炊いて煮崩さない
BALMUDA The Gohanは、新しい構造と蒸気の釜によって、お米を優しく炊き上げていきます。100℃を超えない自然な加熱でお米の表面を傷つけず、香りとうまみを米粒の中に閉じ込めます。


■特徴

・白米モード:粒立ちがはっきり、中までふっくらしたごはん
蒸気によるまったく新しい炊飯方法がもたらしたのは、噛みしめるたびに旨味を感じられるごはんです。粒立ちとほぐれの良さ、抜けるような香ばしさ、透明感のある味わいは、まさに素晴らしいごはんの仕上がり。

・玄米モード:わずか90分。浸水いらずでみずみずしい玄米
蒸気の力をもっとも実感するのは、玄米の炊き上がりです。 玄米モードで炊いた玄米は、ぷちぷちと中までふっくら仕上がります。玄米のみもおいしくいただくことが可能です。浸水いらずで、洗米後すぐスタートでき、約90分で炊くことができます。

・お粥モード:さらさらのお粥
はるかに高い断熱性をもつ二重釜が、土鍋でことこと炊いたかのようなやさしい味わいのお粥を実現しました。粒感を残したお粥は、べたつきが少ないのでとても食べやすい逸品です。梅干しや塩昆布などを加えて、元気のでる朝食としてお楽しみください。

・炊込モード:まるで釜飯。しゃっきりほぐれる炊込み
BALMUDA The Gohanのごはんは噛むたびに感じる、抜けるような香ばしさも印象的。しゃっきりしたごはんが具材とともに香る炊込みごはんは、まるで釜飯屋さんのごはん。 旬の具材を使ってさまざまなおいしさをお楽しみください。

・保温機能は省きました
保温機能は、どうしてもおいしさを損ねてしまいます。炊き立ても、冷めてもおいしいBALMUDA The Gohanは、保温機能を省きました。炊き上がり後1時間以内に食べきらない場合はおひつへ移し替えるか、冷凍保存してお楽しみください。

■受賞歴

BALMUDA The Gohanは、2017年度グッドデザイン・ベスト100、ドイツの「レッドドットデザイン・アワード」など国際的に権威のあるデザイン賞を受賞し、世界各国に認められています。

  • 納期

    2週間

  • サイズ

    幅275×奥行251×高さ194 mm
    電源コード長:1.2m

  • 重量

    約4.0kg