SQUARE ROOTS SOLI CHAIR LEATHER

細身のアイアンがシャープな印象のダイニングチェア。緩やかなカーブを描く背が身体を包むように支えます。背面に付いているブラス色のハンドルは、チェアを引く際の実用性とあわせ、デザインのアクセントにもなっています。
SEARED OAKは自然な風合いをそのままにしながら素材に美しい光沢を与えるSQUARE ROOTSのスタンダードカラー。SMOKED OAKは、木材の表皮に近い部位にある白太を生かした無垢材の力強さを感じられる仕上げです。

SQUARE ROOTSの自然へのこだわりとデザインのモダニズム志向はそのままに、抜群の座り心地も追及しました。シンプルながら、個性豊かに存在感を主張します。


Brand:SQUARE ROOTS

SQUARE ROOTS(スクエアルーツ)はイギリス出身のエドワード・ストーッダートとジャスティン・ウィートクロフトが2007年に設立。フィロソフィーは"自然とモダンの調和"。ミッドセンチュリーの巨匠、Hans J. WegnerやGeorge Nakashimaの哲学を、シンプルかつナチュラルに受け継いでいます。

無垢材のナチュラルなフォルムや木のぬくもりを活かすため、贅沢に幅の広い材を使用し、自然なカーブラインや木目、カラーを、唯一無二のデザインとして表現しています。

SQUARE ROOTSの家具は、熟練された職人の手により、主に古いエンジンや機械のリサイクル品から作られたアイアンと、強度があり木目の美しいブルゴーニュ産のフレンチオークを使用。独特の木目と美しい木色が特徴的な、タンニンを多く含むフレンチオーク。タンニンに反応する特殊な塗料を使い、美しい木目を生かした仕上げに。単なる塗料ではなく、木材に浸透しキズや汚れに強く、容易な補修にも対応しています。また、フレンチオークは、使い込むほどに深い味わいを増し、常に色合いを変化していきます。
※オーク材の特徴的な木目のひとつに、虎斑(トラフ)と呼ばれる木目が入る可能性があります。真直ぐな木目である柾目に帯状に出て、大きく虎の毛のような模様に見えるためにこのようによばれます。虎斑は他の組織とは違い光沢があります。高級家具の材料として、昔から重宝された木目になります。

※製品は、素材本来のもつ質感を生かしながら、より忠実にヴィンテージ感を再現する加工法の為、商品の表面の仕上がりは1点1点違いがございます。また、水気などが色落ちの原因となりますので、レザーやファブリックのお取り扱いには十分にご注意ください。

  • 納期

    申込受け付け後、メーカーに納期を確認してご連絡します。

  • 素材

    オーク材、アイアン、牛革張り

  • サイズ

    幅480×奥行520×高さ770 mm
    座面高430 mm

  • 梱包サイズ

    幅540×奥行680×高さ920 mm

  • その他

    ※オーク材の特徴的な木目のひとつに、虎斑(トラフ)と呼ばれる木目が入る可能性があります。真直ぐな木目である柾目に帯状に出て、大きく虎の毛のような模様に見えるためにこのようによばれます。虎斑は他の組織とは違い光沢があります。高級家具の材料として、昔から重宝された木目になります。

    ※製品は、素材本来のもつ質感を生かしながら、より忠実にヴィンテージ感を再現する加工法の為、商品の表面の仕上がりは1点1点違いがございます。また、水気などが色落ちの原因となりますので、レザーやファブリックのお取り扱いには十分にご注意ください。